何だかんだと定番はつよい

ニベアの青缶大好き

今年もニベアの青缶のお世話になる季節になりました。

たらこは現在30代ですが、使ってるスキンケアがホントにこれとハトムギ化粧水だけでして。

「もう少し年齢を考えよう」と思って美白化粧品や美容液入り保湿クリームみたいなものを買ってみたりしたものの、やっぱり面倒で使わなくなってしまう。
今年の夏に買った美白美容液なんか、まだ1割も減ってない…
結局今年も、化粧水パシャパシャして終わり。

日ごろの備えが大事とわかっていても、今問題が起きてないからいまいち実感もわかないんですよねぇ。

下手に手を出して、肌に合わないものにあたってしまっても本末転倒ですし。

肌に合わないものはこわい

中学生くらいの時だったかな?

化粧に興味持ち始めて、初めて買ったリキットファンデがあったんですけど、海外製のあんまり高くないやつで。

すっごく楽しみに、ドキドキしながらつけたんですけど…見事に肌に合わなくて、塗ったところが赤くなるわ痛み出すわの大惨事w

いまだにそのファンデを塗った顔の左半分だけ、なんか肌質違うんですよね。こわいわー。

そんな経験があるものですから、夏に買った美容液も使ってみるのに結構勇気がいりましたし。

肌に直接つけるものって、気を遣いますね。

 

普段使うから安定供給もほしい

常に手に入るかどうかっていうのも、一つ重要なポイントで。

上記の通り、ファンデで肌が荒れた経験があるので、自分の肌に合うものが見つかったらそれをずっと使い続けたいんですよね。

でも下手に新商品で使い始めちゃうと、供給が安定しないこともある。

スキンケアも化粧品も、日常的に使うものですからね。ないタイミングがあると困っちゃいます。

なので結局、何だかんだと定番がつよいし、安心だなって思うんですよね。

愛してるよ青缶。

ABOUTこの記事をかいた人

Ike Tarakopastaがフルネーム。ちぢめて「たらこ」。 原型の勉強しながら推しの摂取を続ける人。 2021年個人的最大ヒットのゲームは『ジャックジャンヌ』。 【今後買いたいゲーム】 ときメモGS4、星のカービィディスカバリー、ポケモンレジェンドアルセウス