『CharadeManiacs』(シャレードマニアクス)感想~疑心暗鬼になりつつボリュームに満足!

夏休みですね!乙女ゲームも発売ラッシュでありがたい限り!

今回はイラストとキャストが気になってました『シャレードマニアクス』をプレイしましたので感想を書きます!いいですねシャレマニ…人数多いのにほんとにキャストが豪華です!

 

序盤のあらすじ

異世界配信

 

近未来の世界では、情報局がすべての情報を管理し、情報局が検分したもの以外を利用することは違法とされています。

そんな中、若者たちの間では「異世界配信」の噂が持て囃されています。そこで配信されるドラマにキャストとして参加できると、何でも願いをかなえてもらえるらしいと。

しかしその配信を見たことがあるという人は周りにはおらず、また検分を通っていない違法配信であるとの話も。

 

二つの月

 

夏休み直前の終業式の日、先生からのありがた~い生活指導のお話の中、現在の日本の状況のお話も。

それによると、昔の地球には、月のほかにもう一つの衛星「モルペウス」があり、それを利用したある計画が進めば、現在の情報管理が革新的に進んでいたというもの。

その衛星は、まるで双子の月のように見えたといいますが、約30年前に衛星は事故のため破損し、現在衛星は月1つに戻ってしまっています。そのため情報管理も、その当時の計画の通りにはなっていない様子。

 

突如「アルカディア」へ

 

そんなこんなの情報がありつつ、主人公のヒヨリちゃんは明日からの夏休み旅行を楽しみにしています!

…というところで、なんか変なのにつかまって突如異世界「アルカディア」へ連れ去られてしまいます。

そしてディレクターを名乗る男(?)から、キャストとしてドラマに出演することを強制されてしまいます。

あやしい…見るからに怪しい……あの指の曲がり具合がとにかく怪しい…

ドラマに出演するとポイントがもらえるのですが、そのポイントを貯めないと元の世界には返してくれないとのこと。ほかに方法もなく、集められたほかの9人とともに共同生活をしながらのドラマ出演の日々が始まります。

 

裏切者は誰だ…

 

ディレクター曰く、この10人の中にディレクターの上役である「プロデューサー」…つまり、異世界配信側の人間が紛れ込んでいるとのこと。

そして、彼らはこの世界に月が二つ存在することにも気づきます。

この世界はいったい何なのか、この中にいる裏切者は誰なのか…疑心暗鬼になりながらも、どうにか元の世界へ帰る方法を模索しつつ、恋愛関係に発展したりしなかったりするサスペンスな要素もあるお話です!!

全く情報がないところからはじまるので、各登場人物の挙動や言動から目が離せません!もう何をしても言っても怪しく見えてしまいますw

誰が敵か考えながら進めるのも楽しいですし、豊かな個性の登場人物たちなので単純に読み進めているのも楽しいです!

 

ゲームシステム

攻略制限あり!

「裏切者が誰か」というのが重要な要素になっているゲームですが、制限がかかっていて、初めから真相にはたどり着けないようになっていそうです…これはありがたいですね!

いきなりラスボスにあたっちゃったら、あともう消化試合みたくなっちゃいますもんね←

その心配はなさそうです!制限がかかってるうちに、推理して誰がプロデューサーかあたりをつけておきたいところです。

 

愛キャッチ

 

今回のオトメイトさんゲームの愛キャッチは、好感度ではなくて攻略条件の選択肢を選んだ時…俗にいう「フラグが立った」時に現れるようです。

選択肢を選んだ時に、お花のようなふわふわっとしたエフェクトが発生します。いつもと愛キャッチの仕様が違うため、最初は愛キャッチだって気づきませんでしたw

 

ドラマパート

 

異世界配信として演じているシーンは、ドラマパートとして表示され、カウントダウンとともに始まり、「FINISH」の表示とともに終わります。

進行は通常のパートと変わりませんが、画面のデザインやカラーが変化し、左上にはバウンサーと呼ばれる監視コンピューターが「LIVE」と表示を出しながら飛んでいます。

…本編の内容とは全く関係ないのですが、ドラマはいくつか種類があって学園ものだったりれんあいものだったりするんですけど。

アクション物のドラマで出てくる用語の「RAAL」(アール・エー・エー・エル)というのがめちゃくちゃ言いづらそうだなーっと思いながら見てましたw

 

トロフィー

ゲームを進めていくと、トロフィーを獲得していきますが、トロフィーの名前が「文字一つ」です。

どうもすべて獲得した後に縦読みしていくと、文章になるっぽいですね…うーん、気になる!

 

『シャレードマニアクス』キャラクター別感想

明瀬キョウヤ(あかせ きょうや)

さわやか好青年。癖の強い登場人物の中で、まともそうな雰囲気を持つ稀有な存在。

 

ネタバレ感想を読む

 

 

萬城トモセ(ばんじょう ともせ)

主人公の幼馴染で、片思いが通じない可哀想なボーイ。主人公ちゃんのこと好きすぎて束縛強めな感じも。

 

ネタバレ感想を読む

 

 

茅ヶ裂マモル(ちがさき まもる)

物腰やわらか系お兄さん。争いごとは嫌いそうな感じですが、頼れるところもあってかっこよいです!

 

ネタバレ感想を読む

 

 

陀宰 メイ(だざい めい)

愛想は良くないけど、空気の読めるちゃんとした人。お名前が可愛いのを気にしてるっぽい。

 

ネタバレ感想を読む

 

 

獲端ケイト(えばな けいと)

ツンツン眼鏡で、常に喧嘩腰な印象。ただしお料理スキルやお掃除スキルのせいで、ただのおかん。

 

ネタバレ感想を読む

 

 

双巳リョウイチ(ふたみ りょういち)

貴重な20代お兄さん!落ち着いていて頼りになる感ナンバーワン。

 

ネタバレ感想を読む

 

 

凝部ソウタ(ぎょうぶ そうた)

アナログゲームが好きな飄々とした少年。軽口が多くてしょっちゅう獲端を煽っている印象。

 

ネタバレ感想を読む

 

 

廃寺タクミ(はいじ たくみ)

口数が少なくっていつもぼーっとしている。話し方も少々たどたどしい…?

 

ネタバレ感想を読む

 

 

射落ミズキ(いおち みずき)

ドラマ中は男性として出演するも、結局男性なのか女性なのか…本人もはぐらかすのでたちが悪いw

ネタバレ感想を読む

 

 

ここまでお読みいただいてありがとうございました!