『黒蝶のサイケデリカ』感想~暗さの中にも、かすかな光が…

 

以前から名作とうわさを聞いていた『黒蝶のサイケデリカ』を遊んでみました!結論から言いますとほの暗いシナリオにも希望がいくらかあって。光が水底に差し込むようなストーリーが非常に良かったです!

 

ストーリー

序盤のあらすじ

 

ゲームをスタートすると、画面にはバスの車内ような画像が映し出されます。何人かの男性の話声が聞こえてくるのですが、どうも穏やかではない様子…何を話しているのか聞き取ろうにも、音が途切れ途切れで状況はほとんどわかりません。

…という状況の中、突然の破壊音。そして画面はブラックアウト。

 

 

気付くと「私」は、古びた洋館の中に一人倒れています。

記憶を失い、ここに来た経緯も、「私」が誰なのかもわからない中、館の中にいる化け物に襲われたところを一人の少年に助けられます。彼もまた、「私」と同じように、記憶をなくしているとのこと。

 

 

その後合流する、同じ状況の数人の少年たち。化け物と対峙したときに突然現れた、不思議な銃。それぞれが持っているスマホに届く、「万華鏡の欠片を集めろ」等の謎めいた指令。

 

 

彼らは自分たちの身の安全のため、共同生活をしながら、元の世界に変えるために行動を始めます。名前すら思い出せないため、各自が泊まる部屋の名前を、仮の呼び名として。

 

全体としてはサスペンス色の強く、シリアスで暗い・重い内容のストーリーです。ショートエピソードでは、日常のほっこりする話なども用意されているので全体のバランスは良いですが、どちらかというと暗いお話がお好きな方のほうがハマる作品だと思います!

 

ゲームシステム

フローチャート

 

ゲーム内にはフローチャートが用意されており、スタートから各エンドまでの「メインエピソード」と、それらの枝葉にはつながっていない完全独立の「ショートエピソード」の二種類のエピソードで構成されています。

 

 

メインエピソードを進めていくと、途中でフローチャート画面にほっぽり出されることがありますが、次のエピソード解放条件を満たせば先に進めるようになります。エピソードの解放には、「黒蝶狩り」で得られるポイントの消費が必要なものも。

ストーリーの途中でフローチャートを呼びだして、違うエピソードへ移ることも可能です。

 

好感度システムはなし

 

オトメイトさんのゲームでは、選択肢が表れた際に、相手のキャラクターの気に入る行動やセリフを選ぶと好感度が上がり、それがシナリオ分岐に影響する「好感度システム」が搭載されていることが多いです。

…が、この『黒蝶のサイケデリカ』では好感度システムは採用されていません。物語の分岐は、選択肢とエピソードやエンディングの解放状況などで決まっていきます。

 

黒蝶狩り

 

メインエピソード中にミニゲームが発生します。

画面奥から迫りくる蝶を撃ち落としていくゲームで、スコアが良ければよいほど多くのポイントがもらえます。ここで得られたポイントは、エピソードの解放に使用できます。

 

 

操作は蝶をタッチしてロックオンし、「Shoot」ボタンをタッチするだけです。PS Vitaのタッチパネルが有効なため、指先で直感的に操作できます。簡単なので高得点を狙うのもよいですね、結果表示の時のボイスも変わりますし♪

途中でリタイアしても一定ポイント加算されるので、苦手ならリタイアしても大丈夫です。

スタート画面から何度でも遊べるので、ポイントが足りなくなっても繰り返し稼ぎに行けます。

 

主人公のボイス付き

 

筆者的に一番ありがたかったシステムがこれ!主人公ちゃんのボイス!!

さすがに地の文までは読んでくれませんでしたが、主人公ちゃんのセリフの部分は全部音声がついています。しかも声優が中原麻衣さんというキャスティングで、絶大な安定感で心地よく聞けます!!

オートプレイモードにして、しょっちゅう主人公のセリフを見逃してしまいプレイバックする筆者には、主人公ちゃんの声がついているのが大変ありがたいのです。

 

キャラクター別感想

 

キャラクター別の攻略感想です。ある程度のネタバレを含んだ感想は「ネタバレ感想を読む」をクリックすると開きます。感想はクリアしたら順次追加していきます。

 

緋影(ひかげ)

物言いがまっすぐすぎて反感を買うことも多いですが、論理的に話を進めてまとめ役のような役割に。紋白とは違う意味でマイペースで、堅物な印象です。

 

ネタバレ感想を読む

 

山都(やまと)

乱暴な印象が強いですが、面倒見の良い一面もある実は優しい人。でもいつもイライラして不機嫌そうです。

 

ネタバレ感想を読む

 

鴉翅(からすば)

悪い人ではなさそうですが、軽いノリとセクハラと嫌味とで山都との相性は最悪。本音は常に隠してるタイプ。

 

ネタバレ感想を読む

 

鉤翅(かぎは)

おっとり優しい系頼れるお兄さん。落ち着いた印象で、安心感抜群です。

ネタバレ感想を読む

 

 

紋白(もんしろ)

途中で合流する、マイペースな語り口の少年。パーソナルスペースの概念は持っているけど無視してる。つまり、近い。

ネタバレ感想を読む

 

 

紅百合(べにゆり)

本作の主人公。かわいい。

 

ネタバレ感想を読む

 

 

 

ウサギ

「館の主」の使いとして、いろいろとサポートしてくれる不思議な少女。かわいい。

ネタバレ感想を読む