初めてのイベント~アニメ・ゲームの声優ステージや、舞台を楽しむために

 

 

 

乙女ゲーマーに出戻りしてから、イベントに参加する機会が以前の頃のように多くなってきました。

そこで毎回思うのが

 

「あれ、何時に行けばちょうどいいかな?」

 

「イベントって何を持っていけばいいんだっけ?」

 

「今日の服装、大丈夫かな?」

 

というような、イベント当日のあれこれについて。だいぶブランクがあるので、よくわからなくなってしまってました^^;

ということで、初心忘るべからず的に、イベントに参加するにあたってのメモをこの記事では書き出します。初めてイベントに参加する方にも参考にしていただければ幸いです。

 

イベント前日までの準備

会場までの道のりを確認

 

言わずもがなのような気もしますが、イベント会場までの道のりやかかる時間を調べておきましょう。迷子になって、会場まで辿り着けなかったら本末転倒です。

 

グッズ販売情報を見る

 

あらかじめ何が販売されて、何が欲しいのか確認しておくとスムーズにお買い物ができます。

もちろん、当日会場で見て迷うという楽しみ方もありますが、数量限定品や人気商品は早く売り切れてしまいますので注意が必要です。

 

お金の準備

 

 

会場近くに銀行やATMがあるとも限りませんので、できれば事前にお金は用意しておきましょう。イベントによってはクレジット決済ができる場合もありますが、そうでないところも多いので。

 

持ち物の準備

 

 

イベントは公演中だけでなく、物販や行き帰りの時間など、長丁場になることが多いです。なるべく事前に持ち物を用意して万全の態勢で臨みましょう。

ただし、多すぎても公演中に置く場所がなくなってしまって困ります。バッグ一つに収まるぐらいにして、公演中は足元に置けるようにしましょう。貴重品が心配な人は、小さめのポシェットなど用意しておくと安心です。

ハンカチ、ティッシュ

どんな時でも持っているものですが、特にイベント公演中には、不意に感動して泣き出してしまうこともあるかもしれません。笑い過ぎて涙が出てくることもありますw

ちゃんと用意できているか確認しましょう。

これは個人的な感想ですが、大きめのタオルが1枚あるよりも、小さめのハンカチを複数枚持って行った方が、用途を使い分けられて便利な気がします。雨の日はタオルの方がいいでしょうけど。参考まで。

 

飲み物、お菓子、軽食

物販待機列は外に並ばされることも多いです。特に夏場は汗をかいて水分が失われてしまうので、飲み物は必ず用意しましょう。場合によってはお菓子や軽食を用意してもいいですね。

会場内での食事は場所が指定されていたり、禁止されている場合があるので、会場のルールを必ず確認しましょう。

 

チャージしたICカード

行って帰ってこれる分、ちゃんとICカードはチャージしましたか?

帰りに駅の券売機が混んでいることは想像しやすいと思いますが、実は行きも結構混むんです。会場最寄り駅の精算機が。

しかも精算機って数を置いているところがそんなにないので、長蛇の列になりやすい!

最低でも、自分の家の最寄り駅から乗る際には、チャージしておいた方がよいでしょう。

 

クリアファイル

イベントはチラシがたくさん配られるんですが、そのチラシのイラストがカラーで初出しのイラストだったりすると「保管したい!」という気持ちに駆られると思います。

そんな時にクリアファイルなどもっていると、クシャクシャにならずに持って帰れます。

帰ってきてからクシャクシャになったチラシを見るの、結構悲しいんですよね…

 

エコバッグ

イベントにもよりますが、会場物販でショッパーやレジ袋が用意されていない場合も多いです。また用意されていても、袋が複数になってしまうと持っているのが大変です。

小さく畳めるエコバッグを持っていれば、レジ袋がなくても大丈夫です!もし使わなくても、小さくて軽いエコバッグなら、カバンの中で邪魔になりません。

 

折り畳み傘

これは当日の天気予報にもよるのですが、もし「曇り 時々 雨」のような天気なら、持って行った方がよいでしょう。外で待機中に降られたらシャレになりません。

 

声優さん、出演者さんへお手紙やプレゼントの用意

イベント会場のロビーなどで、出演者の方へのプレゼントボックスが用意されていることがあります。出演者の方にお手紙やプレゼントを用意して、持って行ってもいいかもしれません。

ただし生ものはNGとか、いろいろルールがありますので、用意する場合はイベント情報をよく確認しましょう。

 

体調を整える

 

楽しみなあまり、気分が高まりすぎて眠れなくなって「遠足前の小学生か!」状態になる人もいるかもしれませんが…いや、すみません。私のことですw

イベントは時間的拘束が長いですし、たくさんの人が集まりますし、立ったり座ったり待たされたりと、かなり疲れる要素が多いです。体調はしっかり整えて、最後まで楽しめるようにしましょう。

 

イベント当日の服装

清潔感のある服装で

 

どんな服装で行けばいいか迷うときもありますよね。一番の基本は「清潔感」だと個人的には思っています。清潔感さえあれば、いつもの服で大丈夫です。

もちろん、おしゃれしたい人はおしゃれしましょう!せっかくのイベントですから、好きな服で楽しみたいですよね。常識的なおしゃれなら、全然大丈夫です。ただ、気を付けたいポイントがいくつかあるので、それは下記でご紹介します。

 

コスプレはイベント・会場情報を確認して

 

アニメ・ゲーム系のイベントだと、コスプレで参加したい人もいらっしゃいますよね。

イベントによってはコスプレ参加者用に、クロークが用意されていることもあります。

公式に用意されている場合は、存分にコスプレを楽しんでください!

 

高さのある髪型は控えましょう

 

せっかくおしゃれするなら、ヘアアレンジもこだわりたいですよね。でも高さのあるお団子のアップスタイルや、ポニーテールなどは後ろのお客さんが見えづらくなり、迷惑になってしまいます。

イベントでは、高さのあるヘアアレンジはTPOに合わないということなんですね。

ちなみに、帽子やヘアアクセサリーも同様です。外でだけならいいですが、イベント公演中は外せるようにしておきましょう。

 

靴は動きやすいものがベスト

 

可愛い靴を履いていきたいこともあるでしょうが、動きやすい履きなれた靴を履いていくのが無難です。

イベントに参加すると、かなり足が疲れます。スタンディングライブなら当然ですが、着座のイベントでも、公演中に立ったり座ったりする場合があります。こういう時に履きなれていない靴だったり、極端にヒールの高い靴を履いていたりすると、普通に危ないんですよね。

また、個人的にはサンダルもおすすめしません。混雑しているときは足を踏まれる可能性も高いので、サンダルだとケガをしやすいのです。

新しい靴を履きたい場合も、できれば事前に履きなれておく方がいいです。イベント中に靴擦れが気になってしまうと、悲しいですからね。

 

イベント当日に気を付けたいこと

時間に余裕をもって行動しましょう

 

会場はとにかく人が多いです。しょっちゅうそこらで渋滞が起きて、思うように進めないこともよくあります。

でも、イベントは時間が決まっています。時間が来たら始まってしまうので、間に合うように時間に余裕をもって行動するようにしましょう。

 

トイレは混みやすいのでお早めに

 

開演直前のトイレの混み方は、何度見てもすごいです。みんな開演に間に合わせたいので回転も速いですけど、それでもやっぱり混んでるので時間はかかります。

トイレに関しては、特に時間に余裕をもっていった方がいいでしょう。

 

スタッフさんの指示に従いましょう

 

イベントでは列整理や警備を担当するスタッフさんがたくさんいて、お客さんを誘導してくれています。安全管理やイベントのスムーズな進行のためにも、スタッフさんの指示には従いましょう。

 

イベント中に気を付けたいこと

ハンカチ・ティッシュをすぐ出せるところに用意しましょう

 

イベント中に、ハンカチやティッシュを出したくなっても、会場内は暗くなっていて探しづらいです。できればあらかじめ取り出しやすいところに用意しておきましょう。

ペンライトを振りたい人も、ご用意を忘れずに。

 

携帯電話のスイッチをオフ!

 

イベント中は携帯電話の電源を切っておきましょう。マナーモードでもいい場合もありますが、どちらの場合もちゃんとできているか確認を忘れずに。

 

私語はほどほどに

お友達との参加だと、ステージを見ながらお話をしたくなる時もあるかもしれません。でもおうちのテレビの前とは違って、周りにも他のお客さんがいます。

周りの人の迷惑にならないように、おしゃべりは控えておきましょう。

どうしても言いたいときは一言二言をこそこそっと話すぐらいにして、それ以上の時は終わってから存分に語るようにしましょう。

 

振付を知らなくても大丈夫

 

ライブではそれぞれの曲に専用の振付があって、熱心なお客さんの中には完璧に踊りこなせる人も多く、初めての人は気後れしてしまうかもしれません。

しかし別にズレていたって全然いいのです。間違ったところで、誰も気にしません。わからなくても何となく合わせてみたりして、自分が楽しめていればOKです。気にせず楽しみましょう!

 

盛り上がるところは盛り上がろう

 

私語はほどほどにと書きましたが、イベントの内容によっては出演者の方からコール&レスポンスを求められたり、声援をかける場面もあります。

大体周りの反応を見ればわかるはずなので、状況を見ながら盛り上がれるところは一緒に盛り上がりましょう!

 

隣や前の人を殴らないように注意

盛り上がるときは、隣や前の人に気を付けましょう。

「楽しい!」って気持ちが先行しすぎてしまうと、本当に周りが見えなくなります。

特に視線は舞台上に集中してますから、なおさらです。腕を上げる、振るときなどは特に気を付けましょう。

 

最後に

すっごい色々書きだしてみたんですけど、正直イベントを楽しむのにルールはありません。

あるのは、会場の人それぞれが気持ちよく過ごせる気遣いだけなんじゃないかなと。

お互いに気遣いあえるイベントだと、みんな幸せですよね♪ 楽しいイベントになりますように!