『Collar x Malice』(カラマリ)感想~演出が最高にクール

 

 

今回はAmazonで非常にレビュー評価が高いので気になっていた、『Collar x Malice(カラー×マリス)』をプレイしてみたのでご紹介します!

もう、とにかくかっこいいんですよ…イラストも演出もストーリーも!これは高評価なのがうなずけます!

ストーリー

連続凶悪事件――通称【X-Day事件】が起き、
危険な街となってしまった新宿で、警察官として働く主人公。

地域の安全のために日々奔走していた彼女は、
ある夜、何者かに襲われ、
毒が内蔵された首輪をはめられてしまう。

混乱する主人公の目の前に現れたのは、素性の怪しい男性たち。
元警察組織に所属していた彼らは、独自で凶悪事件を捜査しているのだという。

彼らを信用していいのかわからないまま、
突如、大事件の鍵を握る存在となってしまった主人公。

死と隣り合わせの首輪を外すため、
悪意に包まれた新宿を解放するため、
彼らと共に捜査を開始することになるが――。

彼女の命は誰が握っているのか。
そして、新宿が再生される日は来るのか――。

Collar x Malice公式サイトより引用

 

最初に思ったのが「え?これ、乙女ゲーム…だよね?」って思ってしまうぐらいの設定のハードさとシリアスさと作りこみ!ストーリーの序盤では、まだ攻略対象キャラクターとの関係性が確立されていないこともあり、余計にハードでシリアスな内容が際立ちます。

事件に立ち向かっていく主人公や登場キャラクターたちの葛藤や苦悩、その末の決断・行動は、恋愛要素を抜きにしてもとてもドラマティックで見ごたえがありました。さながらゴールデンタイムの刑事ドラマを見ているかのような感覚ですよウキョウさん!(いろいろ違うのはご愛嬌で)

 

 

もちろん恋愛要素もすごくいいんですよ!シリアスなシナリオだからできるあれやこれやに、がっつり感情移入しちゃいました。惚れた腫れたのほのぼのした恋愛も楽しいんですけど、それだけじゃない信頼関係とか、衝突からの和解とかは、ほのぼのしたシナリオでは味わえないんですよね。めちゃくちゃシリアスな内容だからこそ成立する人間ドラマと恋愛要素は、一見の価値ありです!

しかし全編にわたってシリアスモードなわけじゃないんです!個人的にはここも好きなポイントでした!

 

 

緊張感のある世界観やシナリオの設定ですが、一部のキャラクターがムードメーカーの役割を果たしてくれているので、緊張感とコミカルさのバランスがとても良いです。…彼はムードメーカーというよりは、どちらかというと「アホの子」ポジションのような気もしますが。それもいいアクセントになってるんです!よ!!

 

OPムービーそのままの本編

 

 

ゲームを起動して最初に出てくるこのOPムービーがまたかっこいいんです…!

公式で配信されているのをリンクしてますので、ぜひ見てみてください。このカッコよさが本編にそのまま反映されてるので、OPにハマった方は本編も楽しめると思います!

ほんとかっこよすぎて、ゲーム起動するたびにOPをスキップできなくて困ります…!

 

ゲームシステム

基本的には読み進めるだけ

 

本編の9割は、文章を読み進めるだけの普通のアドベンチャーゲームです。途中選択肢がいくつか出てきて、回答次第で展開が分岐していきます。

選択肢の中には「信頼度」が上がるもの、上がらないものも存在し、その後の展開に影響していきます。

 

AVGパートの演出がすごい

このゲームでびっくりしたのが、AVGパートの演出でした。

たいていの乙女ゲームのAVGパートって、画面が主人公視点という設定の下、キャラクターが立って見えてますよね。で、仲良くなってくると、背景は固定のままキャラの立ち絵だけがアップになって表示されます。つまり、主人公の至近距離に近づいていることが表現されているわけですが、ほとんどの乙女ゲームって大体この2種類の表示方法のみで進行してることが多いと思うんです(あくまでAVGパートのみの話)

ところが『Collar x Malice』の場合は、画面の使い方がとてもフレキシブルなんです。

立ち絵の遠近で距離の表現をしてもいますが、それ以外にも

 

 

キャラクターと一緒に背景もアップになったり(主人公の視点ではなく、TVドラマのカメラワークのように見える)、

 

 

突然画面の一部にワイプのように画像が出て、マンガのようなコマ割りになったり

 

 

電話がかかってきたり、かけようとするとスマホを取り出すような形で出てきたり

 

 

メールが来ると画面が表示されたり

 

 

移動するときの専用画面が用意されていたり

と、かなり凝ってるんです。これらの演出がゲームの全体的なクールさと緊張感を作っていると思うのですが、実はこれってすごいことだと思うんですよ。

キャラクターと背景が一緒にアップになったり、マンガみたいなコマ割りになるのって、ゲーム内容になんら影響を及ぼしません。むしろ手間ばかりかかって、制作サイドにとっては負担にしかならないのではないでしょうか。

スマホやメール画面や移動の画面も、地の文や選択肢だけで済ませようと思えばできてしまいます。

その労力をわざわざ割いてまで、こだわって演出をしているのが、まず素晴らしい。そしてその演出がちゃんとかっこよくって、最後まで視覚的に飽きずにプレイできる点も素晴らしいです。

乙女ゲームって、こういうところでも面白さを感じられるんだーという新しい発見でした!他の乙女ゲームでこういうのあるかどうかはわかりませんが、この演出のクールさはプレイしてみないと伝わらないと思うので、ぜひ遊んでみてほしいです…!

 

推理パートはちゃんと推理できる

 

事件の捜査に当たり、登場キャラクターたちと情報共有したり、打ち合わせをする場面があるのですが、たびたび推理をしなくてはいけない場面があります。

この選択肢の回答次第でその後の展開が変わってきますが、これがちゃんと情報を整理してみると正解が分かるような作りになってるのが、結構気持ちよかったです!

でも、分かりやすく回想が入ったりとかってことはないので、しょっちゅうログを見まくることになります笑

選択肢を選ぶ前にセーブして、間違えたらやり直すという方法もできますけど、一回で正解を選べるとかなり気持ちいいですよ!自力での推理もおすすめです。

 

油断できないトリガーシステム

 

銃刀法が解除された新宿が舞台の物語なので、主人公も銃を携帯しています。

この銃を使うときに、突然「トリガーシステム」の画面に移行します。〇ボタンをタイミングよく押して、発砲するというだけのものなんですけど、本当に突然来るので、私は苦手です笑

特にスキップ中は油断しやすくて、うっかりボタンを押すの忘れます。銃を撃つ主人公ちゃんはかっこよくて好きですが、押し損ねないように気を付けないと!

 

『カラマリ』キャラクター別感想

 

キャラクター別の攻略感想です。ある程度のネタバレを含んだ感想は「ネタバレ感想を読む」をクリックすると開きます。感想はクリアしたら順次追加していきます。

 

柳 愛時(やなぎ あいじ)

曲者ぞろいのメンバーの中の良心。損な役回りかもしれませんが「お父さん」的安心感は随一。この見た目でお料理上手でお父さんポジションなのはおいしすぎますね…!

 

ネタバレ感想を読む

 

岡崎 契(おかざき けい)

現職SPで、柳さんたち事務所メンバーではない部外者。上からの命令で柳さんたちを警護しているらしい。5階の窓から事務所に入ってきちゃいます。怪しい。怪しさしかない。

ネタバレ感想を読む

 

 

榎本峰雄(えのもと みねお)

能天気バカというか、愛すべきアホの子というか、永遠の中二病(悪く言っているつもりはないけど事実だから…ごめんね峰雄くん)。持ち前のエネルギッシュな明るさで、周りを笑顔にしてくれるすっごくいい子だと思います!23歳だけど。

 

ネタバレ感想を読む

 

笹塚 尊(ささづか たける)

肉体派の多いメンバーの中で、頭脳派の笹塚さん。ドーナツすごい似合います。ツンデレ…いや、ツンツンですが、だんだん優しいツンツンになっていくのが可愛く感じます♪

 

ネタバレ感想を読む

 

白石景之(しらいし かげゆき)

見た目からやばいのが丸わかりな上にプロファイラーっていう職業でもはや危ない匂いしかしない危ない人です。猫耳が似合う29歳。部下の向井さんが怒りたくなる気持ちがよくわかります。

 

ネタバレ感想を読む

 

続編『Collar x Malice Unlimited』にも期待!

 

2018年中発売予定で、続編の『Collar x Malice Unlimited』の制作が発表されてますね!

発売がいつになるのか、それ以外の展開はあるのか、今後の発表にすごい期待してます…!

 

まだまだ盛り上がりそうなカラマリ!今からでも遅くないのでぜひ遊んでほしいです!!好きな人増えて~!