金色のコルダ4「天宮さんの初おでん」を作ってみた

 

※この記事は『金色のコルダ4』イベント内容のネタバレを含みます。未プレイの方、ネタバレ回避したい方は読まずにお戻りください。

※見た目があまりよくない食べ物の写真が出てきます。おいしそうなおでんはサムネだけです。気になる方は読まずにお戻りください。

 

きっかけは大雪警報でした

2017/1/22(月) 関東地方は数年に1度の最強寒波到来。筆者、たらこは考えていました。

「寒いなー、警報出てるし家から出ると危ないなー、早めに食べ物買い込んで引きこもらなきゃー…」

「…何を買おう?一気にたくさん作っておくと楽かな?」

「たくさん…鍋?寒いし、鍋にしよう。そうしよう」

と考えていた私。ここで、唐突にゲーム中のあるシーンを思い出してしまいました。

 

 

これだ!!!

以前から再現飯を作ってみたかった私は、天宮信者なばっかりに、ついうっかりビーツとアボカドを入れたおでんをやってみようと考えてしまったのです。結果やいかに。

 

一応、補足説明(ご存知の方は読み飛ばしてください)

今回の元ネタは『金色のコルダ4』の天宮静さんのイベント「鍋?闇鍋?」です。

「彼への想い」が高いときの専用イベントですね。

寮のシャワーが壊れたため、菩提樹寮に一時宿泊することになった天宮さんですが、たまたま寮母さん不在のためみんなで夕食を作ることになりました。

 

 

スーパーに出かけたところ、響也の発案で鍋物をすることに。さらに天宮さんの発言で、おでんをやることになりましたが…

 

 

…っていうのが、このイベントのあらすじです。はたして、ビーツとアボカドは意外といけるのでしょうか?(この記事の編集中にトマトも入れるんだったと思い出しましたが、作ってるときはすっかり忘れてました…)

 

さっそく作ってみました

作業工程は写真撮ってなかったんですけど、ビーツは下茹でをしてから皮を剥いて一口サイズにカット。

アボカドも普通にカット…したかったんですけど、ちょっと硬かったので最初にレンチンして柔らかくしてからカットしました。

他のおでん種も準備、もちろん餅巾着も作り、具材を鍋に投入!

 

ー5分後ー

 

 

赤い!もうすでに赤い!!

っていうかここで気づいた、作中でも「煮汁が赤い」って響也が言ってたじゃん…!うろ覚えだったものですっかり忘れておりました…

ビーツの赤い色ってこんなに出てくるんですね…白いゆで卵とはんぺんの行く末が心配…

 

ーそしてアボカドも追加して10分後ー

 

 

完成しました!

煮汁は完全に赤、ゆで卵とはんぺんはほんのりピンク色になりました。さつま揚げ系はもともと茶色いので目立ちませんが、たぶん若干色ついてます…

突飛なはずのアボカドのグリーンが、彩りを豊かにしてくれているかのような錯覚を覚えます。おでんですよ、これ笑

 

食べてみました

ということで、自作闇鍋おでんを食べました!

まずビーツの感想ですが、ちょっと煮込みが甘かったみたいで(色が出すぎて怖くて煮込めなかった笑)すこし固くてゴリゴリしましたけど、味は辛みのないラディッシュみたいなかんじでした。これは柔らかくして味が染みれば、大根のポジションに取って代われるかも…?

色以外は普通に癖のない野菜なので、他のおでん種の味に影響を与えることもなく。普通においしい根菜でした!

次にアボカドですが、もうただのアボカドです!アボカド自体の味が強いわけではないので、これもおでん出汁が染み込んでからが本番かな?もともとマグロなど和の食材と一緒に食べることも多いアボカドなので、おでんの味とも相性はいいように感じました!

見た目はかなりアレですけど、何でもおいしく煮込んでくれるおでんは偉大でした!

 

2日目の見た目が本当にやばかった

ところで、大雪の中、外に出たくないためにおでんを作ったので、1回では食べきれない量を作ったんです。鍋物だし、翌日の方が味が染みますからね!…と思ったのが、ちょっと失敗だったみたいで

 

 

見た目は悪化していました…ごめんね、ゆで卵とはんぺん…真っ赤にしちゃって…

でもやっぱり味は2日目の方が染み込んでおいしいです!ビーツも煮込み直したので、特有の甘さとかぶのような食感が味わえました。すべておいしくいただきました~

 

終わりに

作中に出てくる食べ物の再現って一度やってみたかったんですけど、よくよく考えたら何も最初にこれをやらなくてもよかったかなぁ、と今更ながら思いました笑

私は好き嫌いがないですし、自分で食べられないほどのものを作ったことがないので今回チャレンジしてみたのですが、見た目のことは完全に失念してましたね。私一人だからよかったですけど、誰かと同居してる方は気をつけないと大変なことになりそうです…再現飯は注意が必要かもしれません…

とはいえ、作ってる最中も食べてるときも、ネタを知ってる本人はとっても楽しいです!

食べ物を粗末にするのはいけないと思いますけど、ちゃんと食べられる自信のある方、試してみてはいかがでしょうか?最初はできれば、見た目も味もいいものをおすすめします!