感想『蝶々事件ラブソディック』良シナリオでおすすめです!

 

 

PS Vita用ゲーム『蝶々事件ラブソディック』を1周したので、早速ですが感想を書いてみたいと思います!なるべくネタバレは避けて書きますが、キャラの感想とかも書いているので気になる方はクリアしてから見てください><

 

 

ストーリー

 

昭和五年 横濱――。

大戦後、軍国主義の風潮が陰鬱な影を落とすこの国で
異国情緒溢れる華々しい発展を遂げた横濱。

ある夜、そんな狂瀾の街で女学生の惨殺死体が見つかる。
『名門女学校の子女惨殺』というセンセーショナルな事件に世間は湧くが
それはここ最近横濱で起っていた、扇情的で猟奇的な《怪奇事件》のひとつにすぎなかった。

――事件から遡ること一ケ月。
横濱駅にひとりの少女が降り立つ。

少女のもとに、名門と名高い「イエーヴァ女学校」から編入案内が届いたのは数ヶ月前のこと。
身寄りのなかった少女は、希望を胸に横濱へと向かった。

それが《少女の秘密》を欲する者たちが用意した、
誑惑の招待状とも知らずに――。

「どれだけの数が“彼女”に惹きつけられるか……愉しみだ」

《少女の秘密》――それは自身も知らぬ密やかなる《香り》。
その《香り》は“彼ら”を魅了し狂惑させる。

秘密は蜜か。例えそれが甘い毒だとしても――。

 

蝶々事件ラブソディック公式サイトより引用

 

まず印象深かったのが、伏線の張り方がすごいなと。何がすごいって、その量と密度。物語開始からこれでもか!というぐらいの情報が出てきまして、これ本当にちゃんと回収できるのかなぁ?とちょっと不安になるくらいでした^^;

でもそれがしっかり綺麗に回収してるのが、またすごいんですよ。まだ1周しかしていないので、当然回収しきれていない伏線もあったりしますが、それも「あのキャラのルートを見れば解決するんだろう」というのが分かりますので特に気にならず。内容も破綻してないし、納得できるし、とてもよかったと思います。きっとまだまだ「ええー、そんなことが!?」って思わされるんでしょうけど、それが楽しみですね。

 

 

それと、フィクションではあるんですけど、割と説得力のある根拠を持ち出してくるシーンもあったりして、ストーリーに力入れてるんだなぁというのがよく伺えました。「作り話だから何でもあり!」っていうのもなしではないと思うんですけど、こういうのがあるとリアリティが増していいですよねぇ。

…ネタバレ防止を意識しすぎて、すごくふわっとした書き方になってますね、すみません 笑

ゲーム中の描写はすごく丁寧で、キャラクターの心情も非常にわかりやすかったです。その代わり登場人物のモノローグがバンバン入ってきます。主人公の心情や地の文もかなり出てくるので、苦手な人もいるかも?と思いました。個人的には主人公ちゃんの人となりが好きなこともあり、そこまで気になりませんでした。主人公ちゃんを好きになれるかどうかで決まるかな?と思います。

主人公と対象キャラクターとの出会いから好きになるまでの過程もしっかり描かれてて、ストレスなく物語が楽しめます。展開の唐突感は、今のところほとんどありませんでした。ゲームの内容自体がシリアスなので、あんまりイチャコラする感じではありません。でもシリアスさも相まって、エロみが高く感じました 笑

(17/12/08追記)エロみじゃなくて甘やかされる感じのルートもありました!バリエーション豊かです!

 

ゲームシステム

基本的に読んでいくだけでした

 

特にミニゲームとかもなく、読み進めていって選択肢を選ぶだけの簡単な感じでした。ゲームとして凝っているのも楽しいですけど、気楽にやりたい場合はこういうノベルゲーム的なものだとありがたいですね。

 

攻略制限あり。初回は遙or将成

 

このゲームの攻略対象キャラクターは5人ですが、初回を遊んだときはシドニー、イ織、理智の3人のルートに分岐するであろう選択肢が出てきませんでした。まずは遙か将成か、または2人とも攻略しないと、他のルートには進めないのかな?シドニーと理智を楽しみにしていた私は涙目です 笑

(17/12/05追記)遙と将成の2人を攻略した時点で、わかりやすく「シドニー・イ織ルート」が解放されました!しかしまだ理智が解放されずです!!

 

 

(17/12/14追記)理智さんルート開放しました。他の4名は共通ルートからの分岐でしたが、理智さんだけ最初から別ルートが用意されている特別仕様のようです。話の流れ的に攻略順は【遙→将成→シドニー→イ織】で進めると、より盛り上がりますよ!

ルート開放をまとめると、【遙&将成の攻略】で『シドニー・イ織ルート』解放。【シドニー&イ織の攻略】で『理智ルート』解放となります。攻略はハッピーエンドでもバッドエンドでも大丈夫なようです。

 

ルート分岐と好感度

 

読み進めていくと選択肢が出てきて、どちらを選ぶかによってルートが分岐する感じでした。※

でも選択の内容によっては、キャラクターの好感度が上がったり上がらなかったりします。好感度がどこまで上がってるかによってハッピーエンドになるかバッドエンドになるかが決まるようです。これをよくわかってなくて、初回からバッドエンド踏んでしまったのでびっくり笑(でもスチルコンプを考えると効率が良かったかも!)

※(17/12/14追記)上記でも書いた通り、理智のみルートが別に用意されていました。4人のエンディングを見た後に「はじめから」で再度スタートすると、理智ルートを遊べます。

キャラクターとの関係性は物語の中で語られていく感じだったので、「イベントが発生した!」っていう印象ではなかったですね。本当にノベルゲーというか、イラストのついた豪華なドラマCDみたいな感じでした。

 

キャラクター別感想

狐射堂 遙(こしゃどう はるか)

寮で同室の先輩で、歌劇団のトップスタアで、主人公とエスになってくれる陰陽師のお兄さん。

まず第一印象が、設定盛りすぎ 笑

ストーリーの伏線と上記の事前情報だけでも結構お腹いっぱいなのに、遙様と交流をしていくと「まだ出る!?まだ出てくるの!?!?」とこっちが焦るほどの属性の数々。詳しく書いちゃうとネタバレになっちゃうので、例えると…

 

パフェの上にケーキとソフトクリームとクッキーを突き刺して、さらにホイップクリームとチョコレートソースをトッピングした感じ

 

とでも言いましょうか 笑

胃もたれしそうですよね?プレイしてる途中はこんな風に感じてたので、ちゃんと消化できるのか心配でした。

でも全く胃もたれしないんです!

むしろその盛りすぎな設定に、納得のいくシナリオでした。ちょっと遙様のルートだけでもアニメ化してくれないかな…これ面白いですよ本当に…!

 

 

あとこれは遙様の設定にも絡んでくる話なんですけど、非常に倒錯的なんです!男性なのに女装してて、女性として男装したり、男装してるのに女性として話しかけてきたり、女装なのに男性の話し方になったり、もう何を言ってるのか自分でもよくわからないくらい混乱します笑。

乙女ゲーでこんな倒錯的な感じは初めて経験しました。ちょっとマニアックですけど、おもしろかったです♪

またそんな倒錯的な展開を盛り上げるのが、村瀬さんのお声なんじゃないかと思います。女性として喋ってる遙様、女性にしか聞こえないですもん!しかもすごく妖艶で、個人的には男性として喋ってるときより、女性として喋ってる時の方が色っぽいように聞こえます。ああ、もっと聴いていたい…!

 


主人公の気持ちへの気づきや葛藤、自分の存在意義への悩みなど、見どころのある良いシナリオだったと思います!

最後にこれはちょっと自分の反省なんですけど、「エス」ってこのゲーム独自の用語だと思ってたんですが、違うんですね。実際に当時そういう文化があったんですね。

 

エスとは、特に戦前の、日本の少女・女学生同士の強い絆を描いた文学、または現実の友好関係。sisterの頭文字からきた隠語である。

エス (文化)-Wikipediaより引用

 

全然知らなくて「エスになると何かあるのかな?」と思ったら、大して何も起きずに事件が発生しちゃったのであれ??と思ってたんです。不勉強で失礼いたしました。日本には100年前から百合文化があるとは、大変勉強になりました 笑

 

神藤 将成(しんどう まさなり)

19歳で海軍少尉、お父さんも元海軍大佐というエリートさんで、主人公に対してのあたりが、はじめっからきつい!もうすんごいきつい!!

時代のせいもあるのかしら?とも思うのですが、なんでそんなに女を見下すかな!?っていうぐらい見下されまくります。当にこの人の恋愛ルートがあるのかと疑問になるレベル 笑

 

なのでどうデレてくれるのかと楽しみにしていたのですが…ストーリーのところでも書きましたが、描写が非常に丁寧なおかげでデレに唐突さがありませんでしたし、心情の移り変わりがしっかり描かれているところに好感でした!

 

 

特に将成ルートに入ってからの、彼の心情がちょっとずつで始めるところがとてもよかったです!このゲームで態度が悪いキャラって将成とイ織の2人だけなんですけど、将成とイ織はあまり絡みがなくて遙やシドニーや理智とばかり話すから、彼のぶっきらぼうっぷりがすごい強調されるんですよね 笑

 

 

その将成さんが一転優しくしてくれたりとか、心の中の葛藤がうっかり口から出てきちゃうところとかは、彼の人間味を感じさせてくれるいいイベントだったなぁと思います。うっかり出てきちゃうセリフが可愛いんですよねまた。19歳だもんね、そうだよね…!

理想の帝国軍人であろうとする彼の立ち振る舞いからも、不器用ながらも真っ直ぐな人柄が伝わりました。いっぱい損、してるんだろうなぁ… 笑

 

シドニー・ワトキンス

「英国紙『ロンドン・エコー』のジャーナリスト」という紹介が公式HPの【登場人物】に書かれているのに、メインビジュアルで裏の顔が盛大にバレちゃってるお兄さん 笑

いや、まぁ、わざとなんでしょうけど…全然隠していない感じがいっそ清々しい!

 

エンディングまで見て、やっぱりこのゲームは伏線というか、それぞれのキャラクターに対しての設定の盛り方が尋常じゃないなと思いました。そしてよく回収できますよね、見せ方が本当に上手。

 

 

遙・将成ルートを終えて、イ織はがっつり関係者なのはわかったんですけど、逆にシドさんはほとんど出てこなかったんですよね。なのでどんな絡み方をしてくるのか全然予想がつかなかったんですけど…その意外な設定がちょっとずつちょっとずつ出てくるので、割とすんなり受け入れられるんです。そういう「見せ方」という点で、今のところ一番好きなシナリオでした。

 

 

このゲームの攻略可能キャラのうち最年長で、さらに外国人ということもあって、甘やかされる感じが特に強かったなぁという印象です。シドさんルートに入っちゃうと、ユアンさんも絡んでくるのでダブル甘やかしですよ!現実に生き疲れたプレイヤーの皆さん、ぜひシドさんルートで甘やかされてください…とても癒されますよ!!

でも主人公ちゃん生真面目だから、あんまり頼ろうとしないんですよね。そこのところの葛藤が、現実にもあるよねーそういうの、って思って。シドさんも苦労しますね、歳の差が結構あるだけになかなかやりづらそうでした笑。頑張れシドさん!

 

源 イ織(みなもと いおり)

 

見た目は子ども!頭脳は大人!その名は、名探t(ry

 

 

こう見えて24歳なイ織さんでしたが、展開的にはショタ枠だったかな?シドさんが大人っぽいイベントシナリオだったので、対比でそう見えるのかもしれませんが、個人的には子どもっぽく微笑ましい感じでほのぼのとしました。

 

 

ええ、ほのぼのとするんですよ!他の3人を攻略しているときは「これ絶対ヤンデレ枠だ…」と思ってちょっと敬遠してたんです。ヤンデレのシナリオって、かなり精神力を持っていかれるので^^;

なので、悩んでちょっとギクシャクする期間があったりとか、少しずつ前向いていこうとする変化とかは、それまでに見てきたイ織さんからは想像できない意外さがありました。でもだからこそ、イ織さんを愛しく感じるなぁ。イ織さんも、いっぱい悩んでますね。

 

 

イ織さんのバッドエンドだけは、悲しかったけどそれでもよかったと思いました。ちゃんと向き合おうとする決意は、バッドでもハッピーでも変わらなかったんじゃないかな。方法が少し違ってしまっただけで。最初は全然好きじゃないキャラだと思ってたんですが、見方が完全に変わってしまいました。イ織さん大好きです!

…で、ですよ。ついに最後の一人に残った理智さん…。ここまで来るともしかして、もしかするのか?と不安と期待がないまぜになったような気持ちで物語を追っていますけど、やっぱりなのか??と思わせるシーンが、イ織さんルートで出てきたりとかね。もうね。早く理智さんルートもやりますね。どうか杞憂でありますように。

 

神藤 理智(しんどう りとも)

 

杞憂なんてことはまったくありませんでしたね!笑

 

 

最初はねー、穏やかそうないい感じのお兄さんだな~って思ったんですよ?見た目も落ち着いてて優しそうな話し方をされますし。

でもあれですね、詳細は伏せますけど、攻略キャラ5人の中で一番サスペンスっぽさがあったんじゃないでしょうか!

真相解明編のような立ち位置のシナリオなので当然と言えば当然かもしれませんが、それにしても怖かったですよ…グロとかじゃなくて、心理的に怖かった…

特にバッドエンドは、鳥肌立っちゃうくらいぞわっとしました。怖すぎて逆におすすめです 笑。

 

 

ただ終わってみると、他4人のエンディングを迎えた場合に、理智さんはどういう行動をとっていたのかな?というのが気になってきましてね。このシナリオで真相がわかるので、分かった状態でもう一度振り返ってみたくなります。案外ハッピーエンドになってないんじゃないかと思うと…苦笑

 

 

しっかし可愛いなぁこの24歳。イ織さんもそうですけど、この作品における24歳組のデレたときの天使ぶりは庇護欲をかきたてられますね。なんでしょう、ギャップにやられるんでしょうか?イ織さんは見た目子どもだけど態度が大きいし、理智さんは普通に大人で紳士ですからね。

 

終わりに

 

OPもカッコよいですし、ストーリーも面白かったのでおすすめです!ぜひ遊んでみてください!

私は他のルート攻略に行ってまいります!終わったら追記しますので、よかったらまた読んでやってください。

やっと全員攻略しましたが、大変読み応えがあり、かつ緻密に丁寧に書かれたシナリオで楽しめました!トロコンも簡単だったので、達成感ありました。(取りづらいやつは【蝶々事件】音声記録のトロフィー取り方【トロコン】でご紹介しました)

マンガの連載もやっていますが、他にも展開があったらうれしいですね~

ここまでお読みいただきましてありがとうございました!