乙女ゲーム感想【金色のコルダ4八木沢雪広】

 

今日は『金色のコルダ4』から八木沢雪広さんの感想を書きます!

 

まず言いたいのは、最初は良い人過ぎて逆に怖かったです←

と申しますのも、わたくしコルダ3をプレイしていないことはブログの中で何回か申し上げましたが、無印と2は遊んでるんですよ。無印に至ってはPC版を買ってWindowsの2000だったかXPだったかで遊んでいたわけですよ。

なんか…蘇るんですよね……

 

天使のような微笑みで毒を吐く美しくて恐ろしい先輩(フルート)の姿が。

 

ええ、もうあれ以来、「優しいキャラに近づくの恐怖症」にすらなりましたとも…その記憶がよみがえってしまって…

 

ですが!全然違った!彼は最後まで優しい人でした!疑ってごめん!

ありがとう八木沢さん、久しぶりに穏やかな癒しをありがとう八木沢さん!あんまりほのぼのした人だからイベントもほんのりしてるのかな~と思ったけど、しっかり糖度も高くて大変楽しめました!

あれですね、あの合奏団のキャラの濃さを考えると、彼がこの作品の中のオアシスなのかもしれないです 笑

 

この先ちょっとだけネタバレあります

 

ではネタバレ感想に移ります。ストーリーの詳細には触れていませんが、気になる方はここまででお願いします。

 

続きを読む

 

今回はこんな感じで!お読みいただいてありがとうございました!